amp blog

『ザ・ライダー』

Grasshoppa!
0 comments

不覚にも観逃していた映画ってありますよね。ここ数年で最大の不覚かもしれない映画、それが『ザ・ライダー』でした。(たぶん日本劇場未公開だった?)監督は今年のオスカーを『ノマドランド』で席巻するであろうクロエ・ジャオ。アメリカの荒野を舞台に、幼い頃から馬に親しんで育ってきた青年ブレイディが、ロデオで落下して頭に重傷を負い、医師の反対を押し切って再び馬に乗るか、ロデオをあきらめるか悩みながら、自分の人生を見つめ直す物語。プロットであんまりそそられるものがないと思った方ほど、観てもらいたい映画なんです。元ロデオのブレイディ・ジャンドローの実体験をもとにした作品で、演技経験のないジャンドロー本人が主演、そして彼の家族や友人たちも本人役で出演。驚くほど自然で演技のほころびなど一切見当たりません。自然光で多くは手持ちで撮られた映像は美しく、雄大な自然と人物のフレーミングも巧みで、積み重なってゆく静かなエモーションを濃く醸成していきます。ロデオの先輩レイン想う仲間たち、妹の無垢な言葉の数々、二度の愛馬との別れ(必号泣)…。ドキュメンタリー的な作風と評されることが多いかと思いますが、ザラッと荒々しい感触はなく、とてもやわらかくとてつもなく優しい。次作はアンジー主演のマーベル映画らしいので、どんな風にブロックバスター大作を撮るのかとても興味をそそります。監督ご本人もとってもカジュアルで親しみの沸く、知的な風貌で素敵な方です。(下記記事最後の写真:中央線沿線の古着屋さんにいそう)『ザ・ライダー』はNetflixで観れるので、是非観てください。VOGUE  JPで監督にフォーカスをあてた良記事がありましたので、リンクしておきます。(K)

https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/nomadland-director-chloe-zhao

 

PS.ジャオ監督、WKW好きなんですねー。バリー ・ジェンキンス監督(『ムーンライト』)の時もそう思いましたが、わかるわー。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>